予防歯科

予防歯科とは

自分の歯を1本でも多く残すために
活用したい「予防歯科」

将来的にご自分の歯がどれくらい残っているかによって、生活の質は大きく変わります。
特に「食べる」ことに関しては、自分の歯に勝るものはありません。
1本でも多く健康な歯を維持するためには、予防歯科の利用をおすすめします。
虫歯や歯周病の主な原因は、細菌の感染によるものです。歯科での定期的なメンテナンスや正しいブラッシング法の実践によって、お口の中を健康に保ちましょう。

当院の予防歯科

当院では、3カ月に一度を目安としたメンテナンスをおすすめしています。

PMTC(プロの手によるクリーニング)

毎日のブラッシングでは取れない、歯の表面にこびりついた汚れや歯垢、歯石を、専用の器具を使ってクリーニングします。
虫歯や歯周病の予防になるほか、歯本来の白さに近づき、口臭改善にもなります。

ブラッシングのアドバイス

予防歯科では、患者様がご自身で行う毎日のブラッシングを重視しています。
まずは患者様がきちんとブラッシングできているかをチェックして、正しい方法をアドバイスさせていただきます。
歯間ブラシやフロス(糸ようじ)など清掃器具もご案内します。

[お子様向け]フッ素塗布・シーラント

お子様の虫歯予防には、「フッ素塗布」や「シーラント」をおすすめしています。
フッ素塗布では、歯のエナメル質を強くし、虫歯になりかけている部分の再石灰化を促します。
シーラントは、虫歯になりやすい歯の表面の溝をプラスチック樹脂で埋めることで、虫歯を防ぐ予防法です。

歯周病について

放置しないでしっかり治療

「歯周病」とは、お口の中で繁殖した歯周病菌が歯肉に感染して炎症を起こす病気です。
日本人の成人の多くがかかっている歯周病ですが、放置しておくと歯を支える歯槽骨(しそうこつ)が溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまう場合もあります。

歯周病の主な症状

  • 歯茎から血が出やすい
  • 口臭が気になる
  • 歯茎が腫れる、赤くなる
  • 歯茎が下がって、歯が長く見える
  • 歯がグラグラする

など

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病菌に含まれる毒素が、血液を通して全身に運ばれることにより、さまざまな病気を引き起こす要因となります。
歯周病の治療・予防は、体全体の健康を守るためにも欠かせないものです。

<歯周病が影響する全身疾患>

  • 狭心症・心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 糖尿病

など

当院の歯周病の治療・予防

歯周病の治療・予防で大切なのは、歯と口腔内を清潔に保ち、歯周病の原因菌を徹底的に除去することです。
歯科での定期的なメンテナンスに加えて、患者様ご自身が行う正しいブラッシングが基本となります。

ブラッシングのアドバイス

患者様がきちんとブラッシングできているかをチェックして、正しい方法をアドバイスさせていただきます。
歯間ブラシやフロス(糸ようじ)など清掃器具もご案内します。

歯石取り(スケーリング)

毎日のブラッシングでは取りきれない歯石を、専用の機材で取り除きます。
少量の歯石であれば、削らない「エアーフロー」という治療機器で汚れを取り除くので、削る不快感がなく安心です。
歯の根に近い部分の歯石取りをする際には、麻酔をした上で歯茎を切開して行います。

ナイトガード(マウスピース)

歯ぎしりや食いしばりによって歯周病が引き起こされている患者様に対しては、「ナイトガード」とよばれる専用のマウスピースを使用します。
患者様の状態に応じたマウスピースを作成し、夜間の就寝時に装着していただくことで、歯ぎしりや食いしばりを防ぎます。