診療案内

一般歯科

口腔内カメラによる
チェックと痛みの少ない「虫歯治療」

「虫歯」は、食べカスなどが口の中に残ることで細菌が発生し、感染することで歯質が溶けていく病気です。
放置しておくと、歯がしみる、痛みが出る、噛めなくなるという症状がみられるようになり、最悪の場合は抜歯しなければならなくなります。
早期発見・早期治療はもちろん、日頃からのブラッシングやメンテナンスによる予防が大切です。

当院の虫歯治療

口腔内カメラで細かくチェック

虫歯治療の際には、お口の中がどんな状態にあるかを高性能の「口腔内カメラ」で撮影しています。
医師が診断のために使うのはもちろん、患者様ご自身でも口腔内の状態がわかりますので、治療に対する理解が深まり、健康管理の意識が高まります。

できるだけ痛みの少ない治療を

「歯の治療は痛い」というイメージを持たれている方も多くいらっしゃいますが、当院ではできるだけ治療時の痛みを抑えるよう努めています。
痛みのある治療の際には少量の麻酔を使用しますが、表面麻酔をしてから麻酔注射をする、麻酔注射はオート注射器で注入スピードや量を一定にする、といった工夫をしています。

削らない「エアーフロー」

虫歯治療などで行う歯石取り(スケーリング)では、歯の表面を削る際に痛みや不快感を覚えることが多くあります。
そこで当院では、削らない治療機器「エアーフロー」を採用しています。水と微細なパウダーを吹き付けることにより、削ることなく軽い汚れや歯石を取り除くことができます。

専門医院や総合病院とも連携

難症例にあたる「親知らずの抜歯」や、全身状態の問題で治療が難しいと判断される場合などは、当院が医療連携している専門医院や総合病院をご紹介いたします。
治療の安全性や患者様へのご負担を考えて、適正な対応をいたしますのでご安心ください。

小児歯科

怖くない治療で成長期のお口の健康を守る

乳歯が生え始めて、永久歯に生え替わるまで、お子様のお口の中では大きな成長の変化があります。
「乳歯はやがて抜け落ちるから、痛みがない限り歯科を受診することはない」という方もいらっしゃいますが、乳歯の状態は将来の咬み合わせや、全身の成長にも大きく関わってくるので、しっかりと経過を観察することが大切です。
当院では、虫歯の治療や予防をメインにお子様の健やかな成長をサポートしています。

お子様への治療方針

「歯医者が怖い」というお子様を無理に押さえつけて治療するということはしません。
一度でも恐怖心を与えてしまうと、大人になっても歯科が苦手というトラウマになってしまいますので、まずは歯科の雰囲気に慣れていただくことから始めます。
親御様ともご相談の上、場合によっては何度か治療をせずに通っていただくこともあります。

初めての健診・定期健診

「何歳から歯科健診をしたらいいですか?」というご質問をよくいただきます。
一般的には2~3歳からですが、気になることがあれば何歳からでもお口の中は診察いたしますので、お気軽にご来院ください。
また、成長期のお子様はお口の中の環境が変化しやすいので、2カ月に一度程度の定期健診を受けられることをおすすめします。

親御様が気をつけること

お子様が小さいうちは、親御様による健康管理が大切なポイントとなります。
当院では、過度な糖質を与えないなどの食事面のアドバイスや、正しいブラッシング法、仕上げ磨きの方法など、わかりやすくご指導しております。

妊婦健診

妊娠中の母体に配慮した安全な歯科健診

妊娠中は、つわりの影響でブラッシングが十分にできなかったり、ホルモンバランスの影響から口腔内の状態が悪化しやすい時期です。
当院ではこのような妊婦さんたちのお口の健康をサポートするため、妊婦健診を行っています。
出産された後はご自分の健診が後回しになりがちです。できるだけ妊娠中に歯科を受診し、お口の中の不安要素を取り除きましょう。

妊婦さんのよくあるお悩み

妊娠性歯肉炎

ホルモンバランスの影響から炎症を起こしやすくなります。
特に歯肉が腫れて赤くなるなどの「歯肉炎」が起こりやすくなるので注意が必要です。

虫歯や歯周病

妊婦さんは、つわりの影響でブラッシングができず、お口の中が不潔になりやすい傾向があります。
そうすると虫歯や歯周病にかかりやすくなるので、早めの治療を心掛けましょう。
特に母子感染の恐れもあるので、出産前に治しておきたいものです。

当院の妊婦健診

母体への影響を十分考慮して、安全な健診を行っています。

麻酔

どうしても痛みを伴う治療を行わなければいけない場合は、歯科用の麻酔を使用します。歯科で使う麻酔はその部位のみに作用するものなので、使用に問題はありません。

レントゲン撮影

妊娠初期にはレントゲン撮影を避け、その後はどうしても必要な場合のみ撮影をします。
撮影の際には、X線による被ばく量を抑える防護エプロンを着用していただきます。

お薬

母体に影響のないお薬のみを処方しますので、ご安心ください。

通う時期や期間

妊娠5カ月目から8カ月目までの安定期の間に健診を済ませておきましょう。
あまり遅くなると、出産までに治療が終わらないケースもあるので、できるだけは早めに受診するのがおすすめです。