インプラント・入れ歯

インプラント

自分の歯のようにしっかり噛みたい方へ

「インプラント」とは、歯を失った部分の顎の骨に、インプラントといわれる人工の歯根を埋め込み、その上から義歯を装着する治療法です。
入れ歯のように取り外しをするものではなく、人工の歯根に固定されているので、自分の歯に近い噛み心地が得られます。また、入れ歯のようなグラつきや違和感も少なく、見た目が美しいのもメリットです。

こんな方におすすめ

  • 入れ歯やブリッジが合わない、痛い
  • しっかりと噛みたい
  • 食事の味を損ないたくない
  • 装着する違和感があるのは嫌だ
  • 見た目も美しくしたい
  • 入れ歯のグラつきをなくしたい
  • 他の歯を健康に長持ちさせたい

当院のインプラント治療

カウンセリング~診断~治療

十分なカウンセリングを行い、歯科用CTなどを使った細密な診断をした上で、患者様に合わせた最良のプランで治療を進めていきます。
特にインプラント治療は外科手術を伴うので、安全面には最大の配慮をしております。

治療後のメンテナンス

治療後は、できるかぎりインプラントが長持ちするよう、月一度のメンテナンスがおすすめです。
定期的なメンテナンスで通院されている患者様に対しては、10年間の「インプラント保証」もございます。

入れ歯

噛める、目立たない素材も多数
ニーズに合った「入れ歯」を

歯を失ったまま放置しておくと、食べ物がしっかり噛めない、お口の中の咬み合わせが変化するなど、大きな影響を及ぼします。
人工の義歯である「入れ歯」を装着すれば、失った部分の歯を補うことができ、噛む、話すといった機能を回復できるので、早めの使用がおすすめです。
当院では、保険適用の素材から、より高い機能を持つ自費診療の素材まで幅広く取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

当院の入れ歯治療

当院では、入れ歯などが専門の補綴(ほてつ)科で学んだ院長が、患者様のお口の状態やご希望、ご予算に合わせて最適な入れ歯をご提案いたします。
また、機能面はもちろん、口元の美しさにもこだわり、顎の位置や咬み合わせまでを考慮して、患者様に合う入れ歯をつくります。
「既存の入れ歯が合わない」「入れ歯が緩くなった」という方もご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

保険適用の入れ歯

<メリット>

  • 保険適用のため費用が安い
  • 短期間でできる

<デメリット>

  • 見た目が良くない
  • 床の部分が分厚くて違和感がある
  • 食べ物の味がわかりにくい
  • フィット感がなくグラつきやすい
  • 自費の入れ歯に比べて長持ちしにくい
  • 対抗する歯に負担をかける
自費の入れ歯

<メリット>

  • 保険の入れ歯より比較的、長持ちしやすい
  • 見た目が美しい(入れ歯が目立たない)
  • 床の部分が薄くて違和感が少ない
  • フィットして安定感がある

※素材によって差あり

<デメリット>

  • 自費診療のため費用が高い

当院おすすめの入れ歯(自費診療)

アルティメットデンチャー

入れ歯を固定するためのバネがないので、見た目が気になる方におすすめ。
しなやかな素材なので、装着時の違和感が少なくフィット感に優れる。
金属を使わないので、金属アレルギーの心配がない。
耐久性に優れる。

金属床入れ歯

非常に薄い素材なので、装着時の違和感が少ない。
床の部分が薄いので、食事のときの温度が伝わりやすい。
清潔に保ちやすい。

バルプラスト

入れ歯を固定するためのバネがないので、見た目が気になる方におすすめ。
軽くて薄い素材なので、装着時の違和感が少ない。
金属を使わないので、金属アレルギーの心配がない。
耐久性に優れる。