審美歯科

審美歯科とは?

白く美しい歯で素敵な毎日を叶える

歯の機能性とともに、“美しさ(審美性)”を追求するのが審美歯科です。
口元はお顔の印象を決める重要なパーツであり、男性やご高齢の方であっても、美しく若々しい印象であることは、社会的にプラスになります。また口元をキレイに整えることで、自分自身を肯定する気持ちが高まり、自信が満ちてくるのも大きなメリットです。
当院では、白く素材の詰め物や被せ物を使用したり、歯を白くするホワイトニングを行うことで、患者様が望む美しい口元を叶えます。

白い詰め物・被せ物

歯が折れたり欠けたりした際や、治療によって失われた歯の部分を補う詰め物や被せ物。保険適用のものであれば、いわゆる“銀歯”といわれる素材が使われますが、口を開けたときに目立つというデメリットがあります。
これに対応するため、当院では審美性に優れた白い素材を取り揃えていますので、気になる方はお気軽にご相談ください。仮歯の時点からしっかりつくり込みを行い、患者様に相応しい美しい詰め物・被せ物を作成します。

当院の素材(自費診療)

オールセラミック

透明感のある自然な白さが魅力のセラミック(陶器)素材です。金属を使わないので、アレルギーや金属による歯茎の黒ずみもありません。

ハイブリッドセラミック

セラミック(陶器)とプラスチックを混ぜ合わせた素材です。自然歯に近い白さで、対向歯を傷めにくいのがメリットです。

ジルコニア

人工ダイヤモンドともいわれる強度の強さと、透明感のある美しさが魅力のセラミック(陶器)素材です。金属を使わないので、アレルギーや金属による歯茎の黒ずみもありません。

ラミネートベニア

歯の表面を少し削り、その上にセラミックス素材のシェル(付け爪のようなもの)を装着することで、歯を白く見せたり、歯と歯の隙間を埋めることができる素材です。

ホワイトニング

「歯が黄ばんでいて人と話すのが気になる」「人前に出るイベントで思いきり笑えない」といった、歯の色にまつわるお悩みがよく聞かれます。お茶やワインなどの嗜好品や喫煙、加齢などさまざまな理由で、歯は黄ばんだりくすんだりしていきます。これを改善するには、専用の薬液を使って歯を漂白するホワイトニングがおすすめです。
安全に美しい白い歯を実現できますので、歯の色でお悩みの方は一度ご相談ください。

当院のホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニングシステム

院内にて専用の薬液を塗布し、特殊な光を照射するだけで、スピーディーに美しい白い歯になれるホワイトニングメニューです。
一般的に他院で「オフィスホワイトニング」といわれるメニューと同じ工程ですが、当院が採用している「ポリリンプラチナホワイトニングシステム」は、「分割ポリリン酸Na」という成分を用いた技術です。このため、従来のオフィスホワイトニングよりもはるかに高い効果が期待できます。

<おすすめポイント>

  • 白くなる力が強い
  • 色戻りが少ない
  • 白さに透明感を残すことができる
  • 施術中の痛みやしみる感じが少ない
  • 歯質を強化するので、虫歯や歯周病予防になる
  • 施術後の食事制限がない(赤ワイン、カレーライスなどもOK)

<施術の回数・持続期間>

平均1~4回ほどの通院で効果を実感できます。
施術後は、個人差がありますが、平均して1年~1年半ほど効果が持続するといわれています。
ブラッシングを丁寧に行う、歯科医院でのメンテナンスを定期的に受けるなど気を付ければ、効果が持続しやすくなります。

矯正歯科について

口元の美しさにも大きな影響を及ぼす歯並びや咬み合わせについては、医療連携をしている矯正専門医院をご紹介しています。